スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断乳記録【断乳26日目】

2011.11.29.13:04

断乳後3回目のOK谷デイ。

前回から2週間、一度も搾らずに過ごしましたが、
右の内側にゴリゴリができて痛いのと、やっぱり油ものや苦手なパンを
食べると、チクチク痛んだりしてます。

OK谷に着いて、少し搾るように言われたので搾ったら、黄色いぱいが出ました!
いやもう、ぱいじゃないわー、怖い((((;゜Д゜)))

マッサージで出たのかなあ?とりあえずゴリゴリは消えて、かなりサイズダウンになりました。妊娠前より2サイズダウンしたんじゃなかろうか?
まあ、妊娠前から10kg痩せてるからそれもあるんだろうけど。

それよりも、oko。さんが未だ夜中に必ず泣き目覚めするのが、ちょっと長いようです。
断乳後にしっかり泣かせてあげないと、夜泣きが長引くって言われてたけど、そうなの?

先生には、泣きたいときに受け入れられつつ、泣かせて発散させるのが良いって言われてたんだけど、自分では泣かせてる方だと思ってたら、かなり無意識に泣き止まそうとあれやこれやしてるようで…。

ちゃんと泣かせてあげないと、泣きたいときに泣けなくなっちゃうよ、あなたのように。と、言われてしまいました…。

昼間に泣きが足りないらしいので、oko。さんには思う存分泣いてもらいますw
ま、ワタシがイライラしないで我慢できるかが問題なんだけどね。


携帯からup。改行わからないので見にくいかも。
スポンサーサイト

お野菜。

2011.11.23.12:10

法事で九州に行きました。
鹿児島と宮崎をついでに観光しましたが、あいにくの
天気で桜島も見えず牧場にも行けず・・・、残念。

が、九州で何がしたかったかというと、oko。さんを
伸び伸び遊ばせる他に、お野菜や乳製品、タマゴを
買いたかったのですー。

人それぞれ考えはあるでしょうけども、放射能の内部被曝
を最小限にしたくて、oko。さんのためにウォーターサーバー
のお水を使っていて、野菜やタマゴはなるべく西のもの。

ただ、なかなか葉物なんかは西のものが手に入りづらくて、
時々ばあば。の知り合いから届くお野菜を分けてもらうの
だけど、それだけでは全然足りない。
宅配頼むのも手だろうケド、なんかいまひとつ絞りきれず。

ていうことで、今回宮崎で新鮮お野菜をゲットできて、
なおかつお米もシイタケも買いました。
これらを冷凍庫に保存するんだけど、もうすでにパンパン
なので、冷凍庫だけ別に欲しいと最近思いますです。

食べて応援とか色々あるけど、ワタシはそれはできないので、
違う形で応援したいです。
だって、祖母が仙台にいますものー、東北大好き。
早く復興して欲しいとは思ってます。
でも、やっぱりフクイチが収束しない限りは無理だと思う
ので(ワタシは)、申し訳ないがoko。さんを優先して
口に入るものは安全を第一にする

沖縄旅行でも驚いたんだけど、やっぱり東北や北関東の
野菜なんかがあるんだよね。
もちろん九州でも関西でも、東日本のお野菜が安く売られてる。
国が大丈夫という基準値もいまだ暫定だし、あえて摂取する
必要のない放射性物質を、日本国民全員でとらなくてもいいと
思うんだけど・・・。

色々考えがあるだろうけど・・・。売れ残った放射性物質
の入った食べ物を焼却したりなんだりして、肥料にしたり飼料に
したり大丈夫かなあって思う。
これ以上土壌が汚染されるのもイヤだし、家畜に蓄積させるのも
怖い・・・って、こんなこと心配し過ぎかもだけどさ。
できれば安心な場所は安心な場所として、国が責任持って
守って欲しいなあ。

どーしよーかな。

2011.11.22.23:09

またまた間が開いてしまったー。
先週末から法事で九州に行ってたんだけど、それ以外にも
色々あってホントパソコン開けない・・・。

なので、ブログどーしよーかなーと思ってる。

最近成長記録としても十分じゃないし、家づくりは別に書いてるし。
ok谷終了でいったんブログもお休みしようかなー。

ま、どーでもいい話だなー。
こんなツブヤキ書いてるなら、中途半端な沖縄旅行記しあげれば
いいのにーと、自分に言ってみる。

いやはや、今日はもー疲れたから寝よー。


次のステップに。

2011.11.15.22:00

断乳を頑張って乗り越えたoko。さんは、もうすでに次の
ステップに入っているそうです。
なので、断乳後ぱいを見せていなかったと知ったok谷の
先生は、もうそんなのとっくに終わってる(引きずってない)
わよ。的なことを言われました。

断乳を引きずり続け、無駄な心配をしているのはハハだけ
だったというわけで。

これからは、次のステップ。
生活のリズムを導いていかなきゃいけません。

今は

8時起床
8時半朝食(1時間くらい)
10時おやつ
11時まぐれでお昼寝
12時昼食(1時間くらい)
15時おやつ
17時迷惑なお昼寝
18時半夕食(1時間くらい)
20時お風呂
20時半夜食?
21時就寝

なのですが、どうやらやっぱり食べさせ過ぎのようで・・・。

※ごはんは、1回量を3等分してちびちび完食→おかわり方式で
目で満足お口も満足させて、だらだら食べるのを防ぐ。

※夜食はなし。

※食べたくて泣いて怒っても、食べたいよね、でもoko。さんの
体のことを考えたらダメなんだよ、また明日たべようね。と、
受け入れつつ絶対あげない。とにかく泣かしてよし。
泣いてすっきりあきらめさせてストレスを発散させる。

※夜はお風呂に入って、時間になったら寝室に行って、お布団の
中で好きな本を一冊読んで、真っ暗にしてトントンで寝かす。
脱走したら、もう寝るよといってトントン。
また脱走しても同じ。寝るまで。

※抱っこでねんねもいいけど、重くてずっと抱っこできないよ
と言って、お布団でねんねができるように。

※昼間にきっちり泣いておけば、夜にムダに泣かないで寝る。

てなことを言われました。

何事も導かないとできません。
なんでも受け入れてしまっては、諦めるとか切り替えるとか
できなくなるので、親も一緒に耐える、我慢する。

次のステップに成長しなくちゃいけないのは親のワタシ。
oko。さんは乗り越えられる、それをちゃんと導いていって
あげなきゃいけないんだな、改めて自分の甘さを反省しました。


断乳記録【断乳12日】

2011.11.14.22:04

断乳12日目 断乳後2回目の手技。


今日は待ちに待った断乳後2回目のOK谷の日でした。

断乳8日目~は、特に大きな変化はなく、時々小さく湧いているのか、
チクッと痛みがある他は、胸の張りもひどくならずにすんでいました。

葛根湯も飲みきったあとは買い足さず、保冷剤とかで冷やすこともせず
これくらいの張りと痛みなら我慢できるくらい。

だだ、やっぱりチクッチクッと言うのがかなり不快な痛みなので、
一日おきに固いところや痛いところが無くなるくらいに搾りました。

毎日搾っちゃいけないので、一日おきにしたんだけど、検索すると
毎日少し搾っていいみたいなのもあって、先生の方針によるのかな。

今日は、oko。さんを連れてきてもOKなんだけど、まだぱいを見てない
ので刺激になるから、ばあばに見ててもらう予定だったのが、ばあばが
熱を出したようで、一緒にok谷に行くことに…。

搾っていると あ!ぱーい♪と、久々に見たので嬉しそうだったー。
かなり連呼してたし、触ったりしてたのでドキドキしたけど、
あっさりしたもので泣いたりはしなかったし、おにぎり食べたり
遊んだりしてました。

ただ、マッサージを受ける部屋に入ったら久々に大泣きしてたけど。
なんだろー?ワタシがいなくなると思ったのかな?
いや、トイレに行ったときは泣かなかったから、なにか感じたのかな。

最初泣いただけで、あとはすっかりご機嫌さんに戻り、マッサージが
終わると おかえりーと言ってくれたり、周りにお辞儀してバイバイ
とか言ってて、なんだかすっかりお姉さんぽいなと。

帰ってきても特にいつもと様子は変わらずだったので、今日からお風呂
はお互いハダカの付き合いに戻りました。

次の手技までは2週間あって、明日からはさっと湯船につかることも
できるようなので、寒い思いは今日まで。
このあと張りがひどくなるようだったり、痛いようなら連絡してって
いわれたけど、普通に搾っていいのか聞くの忘れてしまった・・・。

胸はかなりサイズダウンしてきたけど、もともとのサイズが思い出せず。
ワンサイズ縮んで、垂れると聞いているので、どうなっちゃうのか
ちょっと不安。


断乳記録【断乳7日目】

2011.11.12.10:23

断乳7日目


5日目は前日の寝不足や疲労があったせいか、パイの一部が
岩盤のようになってしまい、毎日絞っちゃいけないんだよなあ
という思いと、絞らないとヤバイという気持ちと、絞ると
湧いてきて後がつらいなあという気持ちがない交ぜになりつつ、
心配なのでok谷に電話して、

楽になるまでしぼりなさい。
様子をみて、ダイジョウブならそのままに、ひどくなるようなら
また連絡を。

という指示の元、キッチリ絞りました。
思いのほかそのあとの湧いてくる感じも少なく、なんか急激に
パイの製造工場が閉鎖されている感じがしました。

断乳中のワタシのヨレヨレ具合を心配したばあば。が、ご飯を
もってきてくれたおかげで、ワタシもoko。さんもちょっと気分
転換できました。
が、お昼寝がほぼ朝の2度寝、そして夕方5時頃に寝るという
変なサイクルになってしまった。

6日目は二人で1日家にいても大丈夫。
oko。さんも少しずつ落ち着いてきた感じがあって、とりあえず
98%一緒に居れば大丈夫くらいになりました。
5日目から一緒に入ってるお風呂も、着衣のままのせいか
一度だけ「ぱーいぱーい」とめくろうとした以外は何も反応なし。
夜は23時くらいになるけど、とりあえず抱っこで眠る。
夜中はやはり3~5時頃に泣いて抱っこをせがむ。
これがまたキツイ・・・。

***

7日目

ずっと行きたかった手話教室に参加することに。
子連れでokなので、ホント嬉しい。
ちょっとお姉ちゃんや、はいはいベビちゃんと遊んだり、
一緒に手話をまねしてみたり、いつもは車で移動だけど、電車を
使ってみたりのおかげで、気分転換にはなった模様。
ワタシも大満足。

少しずつ、ぱいを要求するサインをしなくなってきて、
その代わりモグモグーとかいいながら、ごはんやおやつを求める
ことが多くなった。
食べないoko。さんが、こんなに食べるとはビックリ。

今は3食のほかに、おやつがあったり夜食があったりしている
けど、次のok谷のあとくらいから、食事にメリハリをつけてちゃんと
3食+おやつって感じにしていこうと思う。

それ以外は相変わらずべったりくっついているので、本当に自分の
時間がない・・・。
お昼寝に一緒に寝たくても、ごはんやらなんやら先回りして色々
しなくちゃいけないので、眠れず。
世の中のママ達は、こんな大変なのかーと、完母+離乳食食べない子
でずいぶん楽させてもらえたんだなあと思いました。

断乳記録【断乳4日目】

2011.11.11.18:22

断乳4日目。


すんなり寝てくれてほっとしたのもつかの間…、
夜中の3時に泣き出してから、朝まで抱っこ。

寝ても置くと泣くという、新生児並の背中スイッチを復活され、
ずーっと抱っこし続けました。

断乳当日はあんなにいっぱい抱っこして、手伝ってくれたotto。
も、まったく手伝ってくれず、痛いぱいに抱っこと眠さにかなり
グロッキーに。

布団なので寄りかかる所もなく、体が辛いのでリビングに行き、
昼寝マットの上でいつでも下ろせるようにして、ソファーに
寄りかかって抱っこで寝かせていましたが、さすがに眠気に勝てず、
胸に乗せたまま横になり、痛みと苦しさのなか、うとうと眠りました。
oko。さんが自分から布団に転がったのは、朝の7時前。

そこから目を覚ますまでの1時間位、眠りました。

起きてからもグズリがひどく、ワタシが立ち上がるだけで泣き、
キッチンに行けば泣いて喚く。
もうその異常なまでの泣きかたに、気が狂いそうで。
まあかなりいかれちゃいましたが。

おんぶすれば泣き止むけど、背中側でイタズラしようと左右に
乗り出したり、足で色んなモノを蹴散らしたり、結局家事も進まない。
でも自由にさせればイタズラ放題。
otto。がくっついて見て回るわけもない。その都度手を止めなきゃいけない。
otto。の元に置いといても泣き叫んで、その声にイライラする。

眠くなればそれが余計にひどくなって、かといってスムーズに寝ない…。

ひどい胸の張りはないものの、まだ張って痛むのと、寝不足と
oko。さんが可哀想だからなんとかしてあげなきゃと言う気持ちと、
一向に進まない家事と、もう頭の中がぐわーっとなってしまい、

断乳なんてしなきゃ良かったんだよ!

ホントに心からそう思って、口から出てしまいました。
ま、決めたのは自分なんで、どーにもなんないのも良く分かってますが。

1日怒って泣いていた断乳4日目でした。

断乳記録【断乳3日目】

2011.11.10.10:20

断乳3日目、初絞りの日。


しっかり寝たので、顔がパンパンのoko。さんw
朝ごはんもボチボチ食べて(ていうか1時間かけてスプーンで
味噌汁飲んでんだけど・・・)、着替えして朝から車に乗せられて、
ok谷前まで。

ワタシ一人でok谷に行くのー(泣。otto。にoko。さんを託して、
いざ断乳後初絞り!

土曜の午前中の予約を取ったことがないので分かりませんが、
行ったらすでに3人の断乳ママさんがボールに絞っていました。
そこに混じって絞っていると、また一人断乳ママが。
総勢5人のママが並んで一心不乱に乳搾りw

みんなで話しながら絞り続けること2時間。
だいぶスッキリしてきたぱいは、だんだん黄色っぽいふるーい
ぱいになっていき、ところどころ詰まりがとれたりして、それを
肉眼で見ることができちゃった。
絞ってもなかなか出てこなくなったところで、順番に先生に
手技をしてもらい、スッキリ・・・とまでは行かないけど、
ラクチンにしてもらいながら、断乳の経過を話しました。

oko。さんは、すっかりママママ星人に変わってしまったことに
大しては、母子分離不安が出てるのかもねーと言われました。

-そりゃそうだよ、だってぱいぱいで繋がってたんだもん。

と、思ってたら 臍の緒を切られたときの不安て言ったら、
かなりのものでしょうねー、赤ちゃんが泣くとお腹すいたって
みんな思うけど、実は不安から泣いてるのかもしれないのにね。

って言われました。

コドモって小さい体でいくつもの寂しさとか試練?とか乗り越えてるのかーと、ホント感心します。

9時半過ぎに入って、終わったのは1時くらいには終了。腹八分目、ハイカロリーは避ける、
水分も控える、なるべく搾らない。これで1週間耐えねばなりませぬ…。

搾り中にotto。からメールで、oko。さんが朝の2度寝したのを確認したし、なんとかやってるようなので、一安心。

夜はしっかり食べるようになり、寝るときはゴロンして絵本を読んでから、抱っこで寝てくれました。

あれ?断乳成功?なーんて思った3日目の夜、そんな甘いもんじゃないことを思い知らされるのでしたー。

断乳記録【断乳2日目】

2011.11.09.10:47

断乳2日目。


もうすでにパンパンのぱいを、5~6時間で絞るなんて
甘いことはできず、頑張って4時間おきくらいに絞っていました。
保冷剤も役に立たないし、痛いのなんのって!
あまりの痛さにまっすぐ立つことができず、猫背がますます
ひどくなりました。

そして、ぱいが痛いのにもう一つ悲惨な出来事が。

当日の夜、泣いてわめいて暴れたoko。さんが、寝ているワタシに
向かってまっすぐ倒れこんできて、思いっきり鼻に頭突きを喰らい
ました!
一瞬記憶が飛ぶほどの痛さと、鼻血が出たかと思うほどの痛さに
もんどりうっちゃいましたけど、鼻血は出ませんでした。

その鼻、朝の洗顔のときに見たら見事に腫れてる・・・。
しかも若干曲がってる?
鼻をかむと古い鼻血が出てきました。

ぱいの痛みと寝不足と、鼻の痛みと頭痛によれよれになりながら、
日中二人きりでいる自信がなく、実家に泣きつきに行きました。

oko。さんは、ぱいくれーというものの、なんとか我慢してくれて、
ごはんもボチボチ食べてくれるのですがー、水分が足りない気が。

今は飲めばヨシと言うことで、ジュースや味がついた水を飲ませたり、
みかんを食べさせたりとあれやこれややってました。
眠いとぐずる、しかもそのぐずりのハンパなさはこっちが気が狂う
ほどですが、さすがのワタシも痛さのあまりにどうにもならず、
ばあばに託してしまいました・・・。

この日のぱいがMAX痛かったかも。
保冷剤にキャベツ湿布もすぐにふにゃふにゃになるほどの熱感と、
腕の上がらない痛み。
詰まることが怖かったので、葛根湯は飲み続け、50ccくらいと
言われた絞りの量も、ちょっとしっかり目に絞ったりしました。
だいたい、絞ったところでやってる最中から湧いて出てきてエンドレス
なんだから・・・。

この日は夜ごはんをしっかり食べ、寝る前にせんべいくれーって
言われて(歯磨きしたのにー)、まあ寝てくれたらいいかと思って
せんべい食わせて、ごろんして絵本を読んで抱っこでねんねして
くれました。

あれ?断乳成功?ヤッター!

夜は連続8時間(oko。さん)、ワタシも胸の痛みがあるものの
連続5時間寝ましたー。

断乳記録【断乳当日】

2011.11.08.10:29

1歳6ヶ月と20日


断乳当日、朝目を覚まししっかり起きてからの授乳が最後に
なります。
ワタシは午前中いっぱい授乳しようかなとも思ったのですが、
結局ok谷のルール通りに実行しました。

幸いにも祝日だったので、otto。も朝から起きてきて、
最後の授乳シーンをビデオに撮り写真も撮ったりしました。
でもここで問題発生。
シャッター音やカメラを向けられるとそっちに集中してしまい、
ぱいが中途半端になっちゃいます。

これから3日目までおっぱいをなるべく絞らないようにするため
にも、今最後のぱいをしっかり飲んでもらわねば!

一度離してしまったぱいですが、本人がもう一度飲むと言うまで
ちょっと待ってから仕切りなおしであげました。
もう最後だからね・・・。

と言いつつもー、なんか飲みが悪い。

おしまーいといいながらさくっと立ち去ったoko。さんでしたが、
こんなあっさりしたお別れでいいのかなーとちょっと不安に。

案の定、30分後くらいに ぱいくれーとやってきましたw

otto。と相談して、気の済むまでちゃんと飲ませようと言うことで、
もう一度、本当にバイバイだからね、しっかり飲んでね。
といって、飲ませました(あんまりよくなかったかも)。

今度はしっかりと飲みきり感がありました。

が、なーんかねー。
さっきのワタシの涙はなんだったのかしら?って感じに
しらけムードが・・・。

その後は、おでかけして気を紛らわしつつ少しだけ体力を使って
もらい、夕方からおうちで過ごしました。
途中 ぱいくれー と言っていたものの、昼間は以外に持つもので、
ワタシのぱい自体も夕方まではなんとか我慢できる範囲でした。

問題はねんねの前のぱいがないことで、すさまじいぐずり!
しかし、だんだん痛くなるワタシのぱいと、ワタシといることで
ぱいを連想して、なかなかぐずりがおさまらないoko。さん。
仕方なくotto。が頑張って寝かしつけをしてくれました。
今回、以外にいい仕事をしてくれましたー。

しかししかし、夜中に何回授乳してたんだよ!っていうoko。さん
が、ぶっつづけで寝るはずもなく、起きては泣き、寝ては泣きを
くり返し、その泣き声の悲壮感たるや、ホントに切なくて悲しくて
、小さな小さな子供に、ぱいが大好きなムスメに、こんな思いを
させる意味が分からないでいるワタシには、とても辛くて不憫で、
涙が止まりませんでした。

断乳記録【断乳前夜】

2011.11.07.18:27

1歳6ヶ月と19日


断乳前夜・・・というか、連日ok谷通いを始めてから
毎日涙に暮れておりました。

oko。さんは、これといって大きな変化はありませんでした。
何度もくり返し伝え続けた断乳の日のこと、理解しているように
覚悟ができているように見えました。

断乳するとお風呂に一緒に入れないので、一緒に入り改めて
明日が断乳と告げたときは、なんかちょっと目をそらして
嫌そうな感じにも見えました。

夜中の授乳も思いっきり飲んでいいんだよーと、ワタシはいつもより
夜中もしっかり目を覚まして、言葉をかけながら授乳をしました。

断乳覚書。

2011.11.03.06:00

断乳時の注意点を先生に言われたので、忘れないように
書いておこう。

□ しっかり目が覚めてからの授乳が最後。

□ 日中は気を紛らわそうと出歩いたり、変わったことを
  すると、興奮して夜大泣きするので、普段どおりに。

□ 要求されたら、さっきバイバイしたよね、と説明して
  あとは泣いても 辛いよね・・・。と、共感はする
  けど、ムリに泣き止まそうとしない。
  (泣くことでストレスを発散するから)

□ おっぱいは5~6時間あけて絞ること。

□ 絞る量は40~50cc程度。それでも辛かったら
  もう少し絞ってもいいが、絞り過ぎると止まりづらい。

□ 水分は水やお茶、牛乳やヨーグルトを与える必要はない。

□ 水分は必ずあげること。

□ お風呂は禁止(母親)、シャワーは胸から下のみ。
  頭は洗ってもいいけど、胸にお湯がかからないようにする。

□ 子供を入浴させるときは、自分は入らず、かつTシャツを
  着る。

□ おっぱいに顔は書いても書かなくてもいい(ワタシは書かない)
  書かない場合は絶対に見せない。

□ 高カロリーの食事、水分の取りすぎには気をつける。

□ 凍らせてない保冷剤で冷やす。

□ 父親にあやしたり、抱っこしたりの協力をしてもらっても、
  必ず同じ部屋にいること。

□ 断乳後アルコール、高カロリーな食事は12月までお預け。

こんなもんかなー。
明日が祝日でよかったけど、金曜日のお風呂どーしよーかなー。
月初だからあんまり早い帰宅は期待できないしなあ。
おっぱい、すんごいガチガチになるんだろうな・・・、怖い!

断乳前夜。

2011.11.02.20:59


1年半、ワタシのぱいで育ったoko。さん。
ついに明日の午前中の授乳でぱいぱいバイバイとなります。

ここ数日、昼間も自分から言ってくることが少なく、
あ、もちろん寝る前とかは言ってくるけど、なんか前の
ように積極的ではなくて、言いたいけど言っちゃダメかも、
うー!って感じにイライラぐずぐずした感じの要求でした。

夜は夜で、飲んでは少し寝て、また起きてはぱいを要求して、
なかなかすんなり寝なくて、起き上がって歩いたりとかを
繰り返した日もありました。

ok谷の先生いわく、執着が出てるのかもねーって事なんですが、
そんな思いをさせてまで、断乳する意味ってなんだろう?と
前夜の今も納得できずにいます。

しなきゃいいんだろうけど、ホントご飯食べないから・・・。
これからぱいだけで成長するには厳しいんじゃないかと思って、
ok谷のルール(1歳半が目安)を目標にして、断乳するんだけど、
親も子も健康で差し迫った疾病や妊娠の予定もなく、
コドモは3食きちんと食べてて、
働く予定がなく時間に余裕があって、
授乳がイヤでなければする必要なんてないよね。

何がこんなに寂しいのか、悲しいのか、納得できないのか、
自分の気持ちに整理がついてないので、授乳の度に涙してます。

明日は泣いちゃうなー。
午前中のラスト授乳は、otto。に写真を撮ってもらおう。

ああ、寂しい。

食事が心配。

2011.11.01.12:12

oko。さんは離乳食時代からご飯を食べませんが、
かといって、まったく食べないわけではなく、ほんの少し
味見ができればいいのー的な食事なのです。

最近はさすがに一時期よりは食べるようにはなったものの、
いまだ出したものを完食するようなことは、めったにないです。

ということで、かあさんはどんどん不精になり、朝はパンか
おにぎり。お昼は麺類か残り物、夜は親のご飯のおすそ分けで
過ごしてきました。

ビタミンそれってなに?たんぱく質?おっぱいで十分。
栄養も鉄分もそれなりに摂取できてるからこそ、ここまで
しっかり成長したし、特に問題もなかったんだと思ってるので、
ホントなーんにも考えてませんでした。

が、断乳したらそうはいかないんじゃない?
最初のうちは食べないんだろうケド・・・、軌道に乗ったら
ガツガツ食べるかしら?
そしたら朝からしっかり量も提供しなくちゃいけないよね?
てか、1歳半の幼児ってどれくらいの量を食べてるわけ?

分からないことが山のようにあります・・・。

断乳自体不安ですが、断乳後も十分に不安です(_TдT)

プロフィール

oyome。

Author:oyome。
2008.1 不妊治療開始
    左卵管閉塞
    セックスレス。
    AIH7回撃沈       
2008.8~ 初体外挑戦
2008.9~ 誘発開始
     &初採卵 
     11個採卵
     →2個受精
     レスキューICSIで
     3個受精
     4~6分割胚を
     ET
判定→  10/3陽性
胎嚢→  10/10確認
心拍→  10/16確認
       
11w3d お空に帰りました。

2009.3~ 2回目IVF
     スタート
     採卵、
     新鮮初期胚
     移植
     判定→×
     凍結胚盤胞
     2個

2009.7 凍結胚盤胞
    移植
    (HR周期)
     判定→陽性

2010.4. 緊急帝王
     切開にて
     3200gの
     女児を出産



あと 2世帯住宅を建てました。


             




にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村



      

      ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。