スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母のアドバイスと・・・。

2008.12.11.16:23

なんか、長文になってしまいました。苦手な方はスルーして下さい。

**********************************

あれから、今日で3週間ですか・・・。
もっと、遠い遠い日の出来事のようです。
でも、赤ちゃんのことを忘れているわけではなくて、ところどころ、
すごく鮮明に、妊検時のエコーの画像がよみがえります。

衝撃的だった。頭の形がいびつで・・・、一番避けていたこと。
まさか自分の身に降りかかるとは思わなかった・・・。
IVFにも、ICSIにも、なんの疑問もリスクも恐怖もなく、ただ、妊娠が
できる可能性の一つだと、単純に考えていたこと。

なにか、考えが間違ってたのかもしれないなあ。
妊娠するための努力はしてきたつもりだけど、赤ちゃんを授かることは、
やっぱり神様の領域で、今は医学が発達しているから治療で妊娠
することができるけど、それに対して安易な気持ちがあったのかな。

治療を始めてから、ず~っと休まず進み続けた。
休んだら無駄な気がして。
一応、自分の体に気を使ってはいたけど、そういうことじゃなかったのかも
しれない。

薬を使って、ひたすら妊娠する日を夢見て頑張った。
自分の、子宮や卵巣を休ませることなく働かせた。
とにかく焦っていた。
いいと思われることはできる限り取り入れてきた。

でも、なんか、妊娠を目指していた気もする。
妊娠はゴールなんかじゃなかったのに、それだけに向かって進んでた
気もする。
夫の気持ちも置いてけぼりにして、ひとりで頑張ってた気がする。

それは違うんだな~って、今は思う。

セックスレスだから、タイミングは無理だけど、実際片側卵管閉塞もあったし、
受精障害もあったから、自然妊娠はかなり確立が低いものだけど、
赤ちゃんを授かるのは、私だけじゃなくて、夫と一緒になんだよね。

子作りというものが日常にない分、二人で赤ちゃんを授かるっていう思いが、
努力が、私には足りなかったんだね・・・。

いつも自分が努力して頑張ってるつもりでいたけど、そんなのただの
頭でっかちの独りよがりだったんだね。

だから、私の赤ちゃんは「お母さん、よく考えて、一人で勝手に進まないで、
お父さんと一緒に僕を迎えて。余計な事は考えすぎないで・・・。」
って、わざと頭を作るのをやめちゃったのかな~。

手術の後も、葉酸を取らなきゃとか、カフェインはだめ、人工甘味料が入ってる
からこれは嫌とか、結構気を使ってる。
あれもこれもしなかったとか、なんだかんだ言っている私を見て、

母が

「あんた、そんなに考えすぎてたの?赤ちゃんを授かるなら、もっと楽にしないと
だめだよ、ほら、よくすぐに妊娠して何事もなく産んで子供がたくさんいて、
子供が勝手に育ってるような人っているでしょう?
ああいう人は、そんなこといちいち気にしてたり、考えすぎてたりしないのよ、
きっと。不妊治療をしてるからね、色々考えちゃうんでしょうけど、もっと考えない
ようにしないと、リラックスしないと・・・。」

と、言いました。

母なりのアドバイスなんでしょうか。

考えないで子供が授かれるなら、苦労しないよ・・・。

でも、でも、そうなのかもしれないな~って、思うようになってきた。
妊娠した時から、手術をするまで、手放しで喜んで赤ちゃんがいることの
幸せを心から感じてた日は、どれくらいあっただろう?

いつもいつも何かしら心配していた。
初めての妊娠なのに、いつも流産の心配ばかりしてた。
赤ちゃんの将来を考えて、こんなことが起きたらどうしようとか、自分の体の
辛さや、自分のことばかり考えていた日の方が多かった。

少しでもリラックスして、赤ちゃんの健康な成長を想像していた日は
あったのかな?

おなかの中の小さい頃の赤ちゃんの血流は、お母さんの神経支配だから、
いっつも心配ばっかりして十分に血液を送ってあげられなかったかもしれない。
居心地の悪いおなかだったろうなあ。

だから、私の赤ちゃんがanencephalyだったのは、それでも私のおなかに
来てくれたことの意味は、母からのアドバイスと同じなのかもしれないな。

そうだとしたら、今度は絶対独りよがりに考えない、いつも心配ばっかり、
不安ばっかり考えすぎない。

で~んと構えて、肝っ玉母さんのように、安心感のある強いお母さんに
なるよ!
だから、またお母さんのとこに戻ってきてね!


にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2008.12.11.17:14

お気持ちよくわかります!  分かりすぎて泣けてきちゃいました・・・・。
ひたすら突っ走ってきた日々、旦那を置いてけぼりにしてきた日々、とにかく努力をおしまなかった日々・・・・・・この1年間は私も一心不乱に頑張ってきました。
でも肩に力が入ってるんでしょうね・・・・。 私も昨日母に「あまり思いつめたらダメよ、その内できるから!」と言われてしまいました。 

頑張らないで、何も考えずにって、記憶がなくならない限り無理な話です・・・^^;


でも少しでもその状態に近づくにはどうしたらいいのか、今の課題です。


あまりご自分を責めないで下さいね。

私も娘には悪いことをしたな~と責める日々でした。 でも責めたところで娘が帰ってくるわけでもなく・・・・・。
どんどん深みにはまってウツ状態になっていったので、いっさい責めることは止めました^^;

私の気持ちは十分娘に届いてると信じて!

まだまだ心の整理がつかないかとは思いますが、なるべく楽しいことを想像してみて下さいね☆

きっと光が見えてくると思います!


長々とお邪魔しました^^



そうかもしれない

2008.12.12.14:47

お母さんのおっしゃること。
確かにそうかもしれないですね。
私もいろんなことに気を使いすぎかも。
何をするにも、これは赤ちゃんに良いから悪いから・・・って
そればっかり気にしてました。

別に何も気を使わずに妊娠した人もたくさんいるわけだし
カフェインとか人口甘味料とか、
私は不妊だから摂っちゃダメ!!ってことないですよね。

お肉ちゃんサンへ

2008.12.13.14:06

やっぱり、自分を責めたりしちゃいますよね…、だって他に誰を責める訳にもいかないし、責めたところで、元に戻る訳じゃないし。
分かってても、あの記憶が有る限り、考えたり責めたりする気持ちは変わらないかな~って思います。

だから母もわざと口に出して言ってるんでしょうね。
お肉ちゃんサンもやっぱり同じように考えたり、突っ走ったり、頑張って来たんですね…。

今年はもう残りわずかですけど、ちょっと休んで来年の為に気力体力を温存しましょう!そして、お互い母親のアドバイスのように、考え過ぎず、肩の力を抜いて赤ちゃんを待ちましょうね。

つむじさんへ

2008.12.13.14:16

ね~、自分を縛っちゃダメなんだね~、もっとおおらかにしないと…。
これがなかなか難しい!!
治療をしてると、どうしても気持ちが先走るし、色々考えちゃうから…。
来年はもう少しゆとりを持っていきたいものですね。
プロフィール

oyome。

Author:oyome。
2008.1 不妊治療開始
    左卵管閉塞
    セックスレス。
    AIH7回撃沈       
2008.8~ 初体外挑戦
2008.9~ 誘発開始
     &初採卵 
     11個採卵
     →2個受精
     レスキューICSIで
     3個受精
     4~6分割胚を
     ET
判定→  10/3陽性
胎嚢→  10/10確認
心拍→  10/16確認
       
11w3d お空に帰りました。

2009.3~ 2回目IVF
     スタート
     採卵、
     新鮮初期胚
     移植
     判定→×
     凍結胚盤胞
     2個

2009.7 凍結胚盤胞
    移植
    (HR周期)
     判定→陽性

2010.4. 緊急帝王
     切開にて
     3200gの
     女児を出産



あと 2世帯住宅を建てました。


             




にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村



      

      ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。