スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷ついた言葉

2008.12.15.12:32

連続更新です。

**********************************

で、義父を迎えた夜。

「たいへんだったな~。」と、労いの言葉をかけてもらいました。
そして、「あれか、ちょっと太ったか?

はあ~、太りましたよ。ええ、ええ、夏に会ってからまた5キロ位増えました。
でも、ここで言うこと?

食事をしながらも、
まあ、そうだってわかった時はあれか、がっかりしたか?
って、そういう聞き方する?普通。

たぶん、なんて言ったらいいかわからないし、その時の様子も分からないから、
慰めようにもなんともできなくて、その困った気持で発した言葉なんでしょう。
義父の、心配してくれている気持は、十分にわかるんだけど、
今回のことは、自分の親姉妹にしか言いたくない。

申し訳ないけど、またあの時の事を思い出しながら、説明なんてしたくない。

そんな私の気持ちを知らず、
そうか~、でも、oyome。さんがガク~って落ち込んで塞ぎこんでんのかと
思って心配したけど、全然元気そうだな。


さすがに、カチンときました。

不妊治療のことを知らない義父に、理解しろというのは無理な話。
でも、考えたらわかるでしょ?
結婚して6年、一度も子供ができたって話がなかった夫婦が、
流産(正確には人工的ですが・・・。)したと言ってるんですよ、
落ち込まないわけがない!

今でさえ、辛く悲しい日があるのに、それでも立ち直って頑張ろうって
思ってる時に、ふさぎこんでないから元気?太ってて血色がよかったら元気?
泣いて喚いてたら、来た甲斐があったのかしら?
こっちだって、義父が来るっていうから、体調だって万全じゃないよ、
どこが痛いとか辛いとかじゃないけど、ホルモンのバランスが崩れてるんだから、
本調子じゃない。
精神的に立ち直ってるわけもない、それでも、一生懸命頑張って、
義父の相手をしてるんじゃないか。

カチンときたので、
お義父さんがいらっしゃるのに、落ち込んでたりできないじゃないですか!
と、言いました。

それでも本当のところは理解してくれてないと思う。

しかもそういう話題になるたびに、otto。がなんのストップもかけなかったこと。
これにも、腹が立ちました。
そういう話はいいじゃないか、oyome。だって辛いんだから。
せめて、それくらい言えないのかしら?

きっと、otto。も私の本当の辛さや悲しさは理解してないんだと、思いました。
1週間確実に泣き暮らしていましたが、ささいなことで涙があふれた時、
「なんで泣くの?もういい加減に泣くのはやめなよ!」と、何度も言われました。
泣くと咎められるので、泣くのを我慢していました。
(一人の時はよく泣いてるけど・・・。)

やっと授かったというよりは、おなかにいる子がいなくなってしまった悲しみが
どうしようもなく、空を見ても部屋に居ても、テレビを見ても歌を聞いても、
何をしても孤独と虚無感に包まれていた数週間。
この苦しみと、悲しみはきっと、男には想像も理解もできないんだろうと、
思うけれども、本当に悲しい思いをさせられた1日でした。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2008.12.15.17:38

こんにちは^^
義理父さんがどういう人なのか知りませんが、でももうちょっと言葉を選んでほしかったな~と思います。 きっと義理父なりの慰め方なのかもしれませんが、的確な言葉が見つからないのなら、何も言ってくれないほうが有難いです。

私も子供が亡くなってから毎日泣いてましたよ。でもだんだん旦那の前で泣いてると「また泣いてる」という目で見られるようになり、おもいっきり泣くことすらできなくなって、いつも隠れるように泣いてました。

それがまたストレスとなり・・・・・・・・。

男と女って違うんだな~とつくづく思ったものです。

でも今思えば、旦那の目など気にせず、もっと大きな声で泣いたら良かったと思います。
我慢するのって辛すぎますっっ。

義理父のことは台風か嵐が来たぐらいに思って、さっさと忘れ去ってください。


我が家も男女の温度差を感じることが多く、いかに私の気持ちを旦那にわかってもらうか・・・・・ということが私の今の課題です!

旦那さんに辛い心境を話されてもいいと思いますよ!

No title

2008.12.15.18:17

大変でしたね。
お義父さん・・・・・。


私なら、お義父さんの前で泣いて、訴えたかもな・・・。
oyome。さん偉い、大人なです。


同じ女性でも、不妊治療してる人に本当に傷つく言葉を投げつける人いるじゃないですか。
男性ならなおさらかもしれませんね。
男性って、女性の気持ちを理解しがたいのかも。
悲しいですが・・・。

もう少し旦那さんには、わかってもらいたいですね。
うちの主人も同じです。
生理が来るたび泣いていた頃、何度も冷たくあしらわれ、「泣いてるなら俺あっちで寝る」と言われてた時に、この人の前では絶対に泣かないと心に決めました。




どうぞ、お義父さんの言われたことで、ストレスになりませんように・・・。




No title

2008.12.15.22:29

こんばんは。
私の義父も一緒!きっと同じ事を言いますよ。
なんか雰囲気伝わってきてしまいました・・・汗

まぁ言葉がかけづらいんでしょうね。
気の利くことをいってくれよ、って思いますけど・・・無理でしょうね(笑

うちの夫もそんなこと言いますよ。。
男と女は違うんですよね・・・。悲しいけど。

No title

2008.12.15.23:23

お義父さん・・・。
(人様のお身内なのに、ごめんなさい!!でも、これはちょっと・・・いや、はっきし言って、ムカついたです。)
”来られる方が迷惑” という考えもなく、”いってあげなきゃ” と 突っ走ってしまったのですね。
oyomeさんも ”頭”ではわかっておられるように、きっと、お義父様は どんな言葉をかけたらいいか わからずに、かえって無礼な言葉を発してしまったのだとは思います。が、
男親で このような状況下、嫁に対して どう接したらいいかわからん、という事を考慮し 500億倍譲ったとしても、それでも それならば なおのこと、ottoさんのフォローは 欲しかった。
ottoさん、oyomeさんの 辛さ、苦しさ、悲しさ、せつなさ、くやしさ・・・を 受け止めて下さっているのかと・・・。
ottoさんの対応が 悲しいです。 男と女は 違うとはいえ、違うからこそ、これでもかというくらい 気遣って欲しい。 

お肉ちゃんさんへ

2008.12.16.16:18

義父は、掴み所のない人で、腹黒いとかそういう人でも、いぢわるとかそういう人でもないんですけど…。
私自身、まだ理解できてないです。が、それにしたって、言葉が選べないなら何も言わないでいてくれたら、どれだけ楽だったか…。

夫は心無い人だとも思ってましたが、意外にも他のご主人様も似たような反応なんですね…、男女の差というか脳ミソの違いでしょうか。

今回の事は、早いとこ忘れるようにします!!

makoronさんへ

2008.12.16.18:01

いや~、まだまだ修行が足りませぬ。義父の言葉にいちいちかちんと反応しちゃうあたり。

まあ、何て言うか、余計な事を言うくらいなら、何も言わないでいてくれた方が、ありがたい時ってありますよね~。

しかし、夫は例外。こちらはも少し声をかけたりして欲しいものです。ただのわがままかもしれないけど。

hanaさんへ

2008.12.16.18:25

そうですか~、hanaさんとこのお義父さんも似たような感じなんですね…、ほんと気の効いた事が言えないなら、お願いだからほっといてと言いたいです。

それにしても、夫というものは、みんな似たような反応をするのですね…、男ってダメダメですね!

cheeさんへ

2008.12.16.19:42

そうなんです、otto。さんは、私の悲しみや辛さが理解できないのです。ちなみにその努力もしてるようには思えませぬ。
お互いが違う生き物だからこそ、思いやる努力は欲しいものです。
でもcheeさんちはご主人優しく受け止めてくれそうなので、安心ですな。
うちは、このような夫にその親っつーものを、私が選んでしまつたので、あまり夫に期待しないようにしようと思いまふ。
プロフィール

oyome。

Author:oyome。
2008.1 不妊治療開始
    左卵管閉塞
    セックスレス。
    AIH7回撃沈       
2008.8~ 初体外挑戦
2008.9~ 誘発開始
     &初採卵 
     11個採卵
     →2個受精
     レスキューICSIで
     3個受精
     4~6分割胚を
     ET
判定→  10/3陽性
胎嚢→  10/10確認
心拍→  10/16確認
       
11w3d お空に帰りました。

2009.3~ 2回目IVF
     スタート
     採卵、
     新鮮初期胚
     移植
     判定→×
     凍結胚盤胞
     2個

2009.7 凍結胚盤胞
    移植
    (HR周期)
     判定→陽性

2010.4. 緊急帝王
     切開にて
     3200gの
     女児を出産



あと 2世帯住宅を建てました。


             




にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村



      

      ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。