スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の再デビュー

2009.01.19.14:17

今日はえらいこと長文です、お時間がある方はどうぞ~。

**********************************

土曜日に以前通ったMクリニックに、otto。と二人で行ってきました。
行くまで、いや行ってからもブルーでブルーで・・・。

久しぶりに入ったクリニックは、土曜の午前中なのに意外に空いていて、
二人並んで腰かけることができました。

とにかく、どこにも目を向けず、ただひたすらotto。の顔を見るか、
DSでおい森していました。
それでも、受付からこちらをうかがってるような感じがして、
意地でも顔を上げずに順番を待ちました。

中待ちに呼ばれ、otto。と一緒に移動して座っていると、おなじみの
Ns.がやってきて、

どうしたの?

って聞かれちゃいました。
ほんと、これを聞きたくなかったのに・・・。
しかも中待ちで聞かなくても、診察室に入れば説明するよ!
気が利かないなあ。
心の中は、怒りでいっぱいになり、つい

どうしたもこうしたもないですよ!

って、言ってしまいました。
それでもしつこく食い下がるから、

・・・無脳児で手術しました。

って、答えてあげました。

そのあとすぐに診察室に呼ばれて、先生に

どうしたの?

って、また聞かれた。

自分の口から説明するのも嫌なので

と言って、お返事を渡しました。

先生が読んでいる間、だんだん、だんだん、悲しくなってきて。
私はここを卒業したのに、ここで赤ちゃんの成長を願ってきたのに、
みんなに「おめでとう。よかったね。」って言ってもらったのに・・・。
そう思ったら、どんどん涙があふれてきて、泣いてしまいました。

先生に背を向けて、横にいるotto。だけを見て、ずっと泣いていました。
後ろから先生の

そっか~、あの後か(ここでの診察終了後)・・・。辛かったな・・・。

その声を聞いて、声を出して泣きました。

また頑張ろう?この子のためにも頑張ろう。

って、先生に言われて、先生の顔を見てうなずきました。

でもね先生、この子のためにもう1度頑張るんじゃなくて、
ほんとは、私はこの子を産みたかったんだよ!

泣いている間、otto。は、困った様子で私の頭をなでてました。
(あとで、Ns.に「やさしいご主人で仲がいいね~」と言われましたが、
実際はまた泣いてる私にうんざりしつつ、外面がいいのでやさしく振舞っていた
だけなんですよ。本人もそう言ってますし。)

徐々に涙をコントロールできるようになったので、どうしても言っておきたい
3つの事を口にしました。
otto。には事前に、話しておいたことで、私が泣いて何も言えなくなったら
代わりに話してほしいと言っておいたことです。

1つ目、「妊婦検診で血糖が高いと言われた、近いうちに検査をしようと
言われたが、その直後にこういう結果になり、結局受けていないから、
血糖の検査をしてほしい。


後日詳しく書こうと思ってますが、糖尿病で血糖コントロールが悪いと、
奇形のリスクが高くなるのです。
oyome。の父と父方の祖母は糖尿病でした。
なので、oyome。も糖尿のリスクは高いと思っています。

先生は「糖尿病だとそのリスクはあるけど、大丈夫だと思うけど、じゃあ、
次に来たときに検査しよっか。それで、方向性を決めていこう。

と言ってくれました。

2つ目、「次の妊娠で同じことを起こさないためにも、ガイドラインで葉酸を
4mg摂取するといいって・・・。でもサプリだと、20粒も飲まなきゃいけないし、
1週間でなくなっちゃうから、処方してください。


すると、先生は「今は普通の量を飲んでていいよ、それで治療が始まってから
ど~んと量を増やせば大丈夫だから。その時に出してあげるね。


先生は、私が色々心配していることに対して、すべて笑顔で了承してくれました。
ある意味、治療を受けてた時よりやさしかったよ。
でも、そのやさしさなんて、、、やさしくしてくれても、もう赤ちゃんいないし。

先生の言葉が、Ns.の言葉が、何を聞いても素直に受け止められなくて、
かなりへそ曲がりな患者になってしまった。。。

そして、最後の3つ目の質問。
レスキューICSIと無脳児の関係について。
これを聞きたかったのに、なかなか言葉が出ない。

もともと、ここのブログにさえ、anencephalyと書いてきた。
無脳児 この言葉とこの字を見たり口にするのがとても辛いから。

otto。の顔を見た。
先生に、他に何かあるか聞かれてる。
otto。に聞いてもらいたい、もう私は何度もこの事を話してきたし、
いい加減otto。の口から、疑問を投げかけてみてほしい。

otto。何も思い浮かばず・・・。

終了~。


私もあえて聞かずに、結果2つのお願いだけしてきました。
次回生理3~5日目の間に受診して、ホルモン検査とOGTT(経口糖負荷試験)
と、内診することになりました。

次の生理から、本格始動です。
今、体温を計ってませんが次からこちらもスタートします。

今日で31日目。
いつもは28~30日周期だったけど、さすがに狂っているようです。
生理の気配はまったくありません。
まあ、焦っても生理が来るわけではないから、来るまで待とうな感じで
ゆったり構えることにします。


にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2009.01.19.17:16

ottoさんが ”聞いて”くれない くやしさ、もどかしさが伝わってきました。
まして、このような深刻で重大な事、
ottoさん、oyomeさんに代わって 先生に色々と聞いて欲しかった。
oyomeさんの心を もっともっと察して欲しかったです。
男女の差、立場の差が 温度差をうんでしまうのは 仕方ないのかもしれませんが、
自分が ”代れない” 分、せめて外堀を固めてサポートして欲しい、そう切に願います。

そして、何気ない看護婦さんの質問、気分を逆なでしますよね。
卒業した患者さんが 再来院するのですから、「どうした」のか位、察して欲しい。 

まだ、喚問はあるかと思いますが、
そして、私の立場で申し上げられることではありませんが、
なんとか 踏ん張って欲しい。 
そして、ottoさんが、少しでも oyomeさんの心をほぐしてくれますように、願っています。

No title

2009.01.19.18:05

こんにちは。 1つ山を乗り越えられましたね。
とても辛かったと思います。 「泣くもんか」と思ってても涙って出てくるんですよね。 優しい言葉をかけないで!って思うことがよくありました。 
優しくされると100%泣いちゃいますからねぇ^^;
   
でも勇気をもって最初の1歩を踏み出すことができたんですから、立派ですよ~!!!

今後の不安はよくわかります。 また同じことが起きたらどうしよう・・・っていう不安は2年経っても消えません。 

でもその不安は妊娠しなければ始まらないんですけどね^^;


今後の治療頑張ってくださいね!

No title

2009.01.20.00:02

また一つ越えなきゃいけないハードルを越えることができてお疲れ様&ほんと頑張られましたね。悲しい知らせとともにクリニックにまた戻るのはほんと私もつらかったです。でもお二人は今できる最善のことを悲しくてつらい中でもやって、二人で協力して一歩一歩進んでいるんですね。

いっぱい泣いていいと思います。いつでもどこでも誰の前でも!!今はそれが自分のためにも旦那さんのためにもお空の赤ちゃんのためにも一番いいことだと思います。いっぱい誰よりも悲しんであげれるのがお母さんだし、それができるoyome。さんは素敵なママだなって私は思いますよ!素直にいっぱい悲しんであげれる子供思いのママなんだなって思います。きっと先生も看護婦さんもお二人の気持ちをいっぱい受取ってくれているんだな~よい先生だなって感じました。正面から辛い事実をありのままに受け入れて肯定するのって時間も勇気もエネルギーもいっぱいいることですよね。でも愛情いっぱいに悲しめるoyome。さんには同じだけの勇気もエネルギーもちゃんとあると思うので、あとはその時が来るのを待つだけ。不安や悲しみはきっとなくならないかもしれないけど、次に向かう勇気とエネルギーは泣いた分だけ後で湧いてくると信じています! 

私も「この子が産みたかったんだ」っていうoyome。さんの言葉に涙が出てきました・・・でも短い命だったけど、oyome。さんはちゃんと産んであげたと思います。うまく言えないけど。短い命だったけど、ちゃんと産んであげたと、命を授かったと本当に心から思います。

cheeさんへ

2009.01.20.10:51

こんな長ったらしい話を読んでくれてありがとう~。
ほんとにね、温度差っていうか、何て言うか…。
お前はただの付き添いか!?っていう感じ。

ああ、ほんのちょっとでも、夫に期待した私がバカだったわ~。
夫の役割は「側にいてじっと耐えつつ、私を見てる」ってことにしないと…。
居ないよりいたほうがいいしね。

ありがとう、みんなに支えてもらって、しっかり踏ん張る事ができます!!
これからも頑張るぞ~。

お肉ちゃんさんへ

2009.01.20.12:05

長文にお付き合い頂いて、ありがとうございます。

やっと一山越えました~。なんか長かったです、まだ2ヶ月経過したくらいなのに、もう何年も経ったかのようです。遠い山でしたよう。
次の心配は妊娠出来るか!?ですね、確かにまた次も…って不安は、妊娠してからの話ですもんね!!

今出来る限りの事をして、余計な心配をし過ぎないで、治療に挑もうと思います。大切な事に気づけました!!お肉ちゃんさんありがとうございます~。

ぱんだままさんへ

2009.01.20.12:26

長い話にも関わらず、また来てくださって、ありがとうございます。

ぱんだままさんのコメを読みながら、涙が…。
今1人なので、思う存分泣いてます。誰の前でも泣いていいんですかね?そう言ってくれる身内がいなかったから、そう言ってもらえると、ふっと力が抜けて涙が止まらなくなります。
ああ、私はまだ泣きたいんだなあって感じました。

そして、生きて産んであげられなかった赤ちゃんは、お空に帰すために、私が産んだんだと思ったら、お腹で生きてた赤ちゃんの命を摘んでしまったと、自分を責めることがなくなりそうです。

ぱんだままさん、優しい言葉をたくさんありがとうです。

No title

2009.01.20.15:06

oyome。さん、再デビュー頑張りましたね!拍手です。
otto。さん、ちょっぴり残念だったけど、頭なでてくれたから良しです。うちの主人だったら、それすらせずにオロオロですよ。

今回また読んでいて思いました。oyome。さんがこんなに頑張っているから、私も頑張ろう!!って。
oyome。さんに、いつか大きな大きな喜びが、訪れることを心から祈ります。
でも焦らず、ユルユル頑張ろう!!ねっoyome。さん。

makoronさんへ

2009.01.20.20:41

拍手ありがと~。
がむばつたよ・・・。ほんと一山超えた感じ。
これからは、前みたいに楽しく治療に取り組んで
行くわ!でも、今度はガツガツせずにゆるゆるで。

お互い大きな幸せをつかむ日まで、頑張ろうね~。
プロフィール

oyome。

Author:oyome。
2008.1 不妊治療開始
    左卵管閉塞
    セックスレス。
    AIH7回撃沈       
2008.8~ 初体外挑戦
2008.9~ 誘発開始
     &初採卵 
     11個採卵
     →2個受精
     レスキューICSIで
     3個受精
     4~6分割胚を
     ET
判定→  10/3陽性
胎嚢→  10/10確認
心拍→  10/16確認
       
11w3d お空に帰りました。

2009.3~ 2回目IVF
     スタート
     採卵、
     新鮮初期胚
     移植
     判定→×
     凍結胚盤胞
     2個

2009.7 凍結胚盤胞
    移植
    (HR周期)
     判定→陽性

2010.4. 緊急帝王
     切開にて
     3200gの
     女児を出産



あと 2世帯住宅を建てました。


             




にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村



      

      ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。