スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翌日のレスキューICSIのこと。

2009.04.07.10:20

オハヨウゴザイマス o┐ペコリ

昨日は、採卵終了の記事に乙カレーのコメントを頂き、
まことにありがとうございもす。
とてもうれしいでーーーす。

さて、昨日の記事の中で

「翌日のレスキューICSI だけは嫌です。」←これ大切!
と、お伝えして、了承を得ました。
もしも、全部受精しなかったとしても、この翌日のレスキューほど
意味のないものはない!


などと書きましたが、これはoyome。の経験と、色々調べた
結果、oyome。がそう感じている事でございまして、
多くの人が当てはまるわけではございません。

誤解を招く表現をしたことを、お詫びいたします。o.゚。(・ェ・。`人)。o.゚。

しかして、なぜoyome。が 「翌日のレスキューICSI」 を
嫌がるのか・・・、書いておきたいと思います。

長文ですのでご覚悟を・・・


ちなみに、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
oyome。は1回目のIVFで見事、受精障害が判明し、
翌日のレスキューで受精、分割したうちの2つを戻して
妊娠しました。

残念なことに、その子は無脳症と診断され、手術を受け
お空に帰しました。

翌日のレスキューICSI と、無脳症の関係はおそらくなく
(どの先生に聞いても、そのせいではないといわれたので)
多くの問題(先天異常、遺伝子異常、環境因子など複雑に絡み合って
起きるもの)があってそうなったと思います。

それでも、oyome。が翌日のレスキューを意味がないと思うのは、
ネットで調べた結果です。

まず、国際医療福祉大学の難治性受精障害への対応
(2004年)から

IVF を行った場合、翌日に受精判定を行うが、
この時に受精していない卵に対してICSI を行い受精を図り
レスキューする方法である。1 日後に行うことから古くから
「1 dayold ICSI」と呼ばれていたものである。1993年から
この方法の報告がなされており
受精はするが、妊娠率が極端に低いため、
臨床に用いるべきでなく研究やICSI の練習に意義があるとされていた。
自験例でもrescue ICSI の受精率は通常のICSI と同等(82.5%)
であるが、妊娠率は極端に低く、1 例の妊娠しか認められなかった。
このような低個体発生率の理由として、1 日近く培養された卵が老化し
細胞としての機能が劣化していることが考えられる

~中略~
また、rescue ICSI に用いる精子の新鮮度も重要である。
1 day old の精子では個体発生能が低下していることが十分に予測できる
受精・初期胚発生は壊れたDNA を持つ配偶子によっても可能であるので、
受精したからといって個体発生能を持つ受精卵とはいえない。
前述したように、現在のrescue ICSI の評価は否定的であるが、
有効との報告もわずかであるが存在する。

次に平成17年日本不妊学会より
(竹内病院トヨタ不妊センターさまのHPより拝借)

「第2極体を指標にしたレスキューICSIの効果」
                              
体外受精では媒精(卵と精子を同じ培養液内に入れ、受精させること)
の6時間後に第2極体(精子が卵に入ると放出されるもの)の有無で
受精を予測します
。第2極体放出の見られない卵は受精していない
と判断し、その時点で顕微授精を施行(レスキューICSI)する場合が
あります。このレスキューICSIを施行した卵と、通常の体外受精
または顕微授精を施行した卵の受精率・胚盤胞発生率・異常受精率
・妊娠率を比較検討しました。
その結果、レスキューICSIと体外受精・顕微授精の間に大きな差はなく、
文献などで見られる『1day old ICSI(媒精翌日、未受精卵にICSIする方法)』
よりも高い妊娠率が得られた
為、レスキューICSIは受精障害の治療に
有効であると考えられました。

他 平成18年第4回生殖医療指導医試験前講習会 より

昔は24時間後に行われていたのでone day old ICSIと言っていた。
ただ、その成績は惨憺たるもので、最近は出来るだけ早く受精障害
を発見して、早くICSIをしたほうが、その後の受精率・妊娠率が良い。

one day oldの卵子で行っていて、妊娠率は著しく低く、1~2%だった。
24時間後よりも、16~17時間後に、受精が起きていないことを確認して、
RI(レスキューICSI)を行うほうが、受精率・妊娠率↑。
その原因として、卵子のageingの問題がある。卵子の機能↓。

卵子が受精せずone day oldでは正常の卵細胞は40%以下になる

などなど。
調べれば、もっと色々わかると思いますが、oyome。はこれだけで
十分翌日のレスキューを必要なしと判断しました。

そして、多くのクリニックが6時間の第2極体を確認した後の
レスキューを実施していることを、oyome。が通っている
クリニックの培養士も知っていましたが、

受精分割の遅い子がいるので、そこに受精させてしまうと核が
2つできてしまうので、ダメになってしまいます。


という、見解で行っていないということでした。

というわけで、oyome。の昨日の発言とつながるわけですが、
何度もいいますが、これはoyome。が調べた上でoyome。が
意味がないと判断したまでのことです。

受精率が通常の ICSI と変わりがなく、妊娠率が低くても、
胚盤胞まで育ち、着床し、妊娠が継続され、出産に至ることは
十分にあると思います。

ただ、oyome。は、自分自身の思いとして、
これは自然の摂理に反してるのでは?
卵子の寿命が24時間、そのうち受精可能な時間はもっと短いはず。
だから、この翌日のレスキューは自然じゃない。
と、思っているので、もしも受精障害で全滅していたとしても、
翌日のレスキューはイヤなのです。

翌日のレスキューで卵を授かった方には、嫌な思いや不安にさせて
しまったのではないでしょうか?
もし、そうだとしたら ほんとにごめんなさい。
でも、これは人それぞれだから、必ずしも全員に当てはまること
ではないし、受精して育つ卵は、生命力にあふれていると思う
ので、自分の体と卵の生命力を信じて、頑張って欲しいと思います。


にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2009.04.07.17:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2009.04.07.18:41

oyome。さん、レスキューについて詳細の記事、ありがとう。
今回、受精ならなかったらレスキューする説明を受けていたので、
(タマゴが一つだけだからなのか、いくつあってもやることなのかは?。今度聞いてみよう。) 
思わず伺ってしまいまひた。
まだ体外初心者でわからないこともたくさんですが、色々と参考になりました。
先生を信じてやっていく中でも、”自分で選ぶ”ということも時には必要なこと。
それぞれの経験、感じ方により、各々の真実があるかと思いますが、
「イヤ」という感情(直感)は私も無視はできないと思う。
oyome。さんとottoさんの体とタマゴと兵隊の生命力にチアーを送りたい!!

ほぅほぅ[e:451]

2009.04.07.22:38

詳しいご説明ありがとうございます

私の場合、採卵が夕方だったので、多分24時間はたってなかったはずです
34個採卵でき、ふりかけで受精したのが2つそれで、(うちのは顕微への切り替えはやっていないと事前説明がありましたが)どこにも問題ないのにおかしいと思った先生が、試験的にICSIを10個した結果6個受精し胚盤胞となりました
今月末に移植するのはふりかけで唯一できたG1の胚盤胞です。これがダメだったらあの6個を移植することになります
ちょっと不安ですが、信じて頑張ります!

翌日レスキューが自然ではないと言われてますが、体外受精じたいがまず自然じゃないですよね~自然に逆らって生きていきます(笑)

それと、妊娠された実績がご自身にあるのに、そんなに否定しないで下さい
なんだか希望を持っていいのやらわからなくなってしまいます


私の書き込みでご気分害されたらすみません
お互いかわいい赤ちゃんが舞い降りますように

cheeさんへ

2009.04.07.23:12

cheeさんのとこのクリニックなら、6時間後の第2極体を確認してのレスキューの事を言ってると思われ、これなら通常のICSIと変わらないから、私はレスキューとはこの事を言うような世の中になればいいのにな~、なんて思ってたりします。

なんかごめんなさいねぇ、個人的主観がたっぷりで、役にたつものじゃないねー。ま、こんなこともあるのね位に思って下され。

くぅさんへ

2009.04.08.00:40

いえいえ、気分を害したりはしませんよ。
反対にうまく伝えられず、かえって混乱させてしまったのかと思うと、申し訳ないです。

one day old ICSI で妊娠した実績はありますが、妊娠の継続と出産まで経験することができませんでした。
しかもそれ以外の受精・分割も進みませんでしたので、何も残せませんでした。その為、諸手をあげて翌日のレスキューで妊娠できるよ!!とは、言えませんでした。

なので、私は経験して調べてみて、私の場合にはこの方法はよろしくないと、否定的なのです…。

私とくぅさんは違いますよね?レスキューした時間もその後の卵の成長も。
100%だいじょぶよーって、言ってあげる事はできないけど、妊娠はできるという部分だけは希望の光になるとは思うので、それ以外の部分は無視して、頑張って胚盤胞までいった卵ちゃんたちを信じて、お迎えしてあげて下さい。

私も自然の摂理に逆らって治療を続けて、この手に子供を抱くまで頑張りますよ!!
プロフィール

oyome。

Author:oyome。
2008.1 不妊治療開始
    左卵管閉塞
    セックスレス。
    AIH7回撃沈       
2008.8~ 初体外挑戦
2008.9~ 誘発開始
     &初採卵 
     11個採卵
     →2個受精
     レスキューICSIで
     3個受精
     4~6分割胚を
     ET
判定→  10/3陽性
胎嚢→  10/10確認
心拍→  10/16確認
       
11w3d お空に帰りました。

2009.3~ 2回目IVF
     スタート
     採卵、
     新鮮初期胚
     移植
     判定→×
     凍結胚盤胞
     2個

2009.7 凍結胚盤胞
    移植
    (HR周期)
     判定→陽性

2010.4. 緊急帝王
     切開にて
     3200gの
     女児を出産



あと 2世帯住宅を建てました。


             




にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村



      

      ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。